> トップページ> 読み物~連載記事> ジローの用語解説> さ行> 在留資格とビザ 

在留資格とビザ
(ざいりゅうしかく)

一般的に、日本で暮らすための入国管理局の許可を「ビザ」と呼んでいるが、入国管理用語として、ビザ(=査証)と在留資格は別物。国外の日本領事が外国人に対して発行し、入国審査の際に推薦状として機能するのがビザ。日本への上陸時の審査で許可を受けると入国管理局から「在留資格」を得ることになる。このように、厳密には、国内にいる外国人が持っているのは在留資格でありビザではない、ということになるが、日本人も外国人も在留資格のこともビザと呼ぶのが普通。ビザは自国を離れたことのある人なら世界中のだれもが知っている万国共通の単語となっているようだ。