出国命令制度
(しゅっこくめいれいせいど)

自ら帰国を希望して入国管理局に出頭したオーバーステイの外国人に対し、帰国前に必要な手続きを簡素化するとともにペナルティを緩和する制度。再入国禁止期間を短縮する(…と発表する)ことで、自主出頭による帰国(=サレンダー)を促そうという目的で、04年の通常国会を通過した改正法に盛り込 まれている。同年末から施行。ただし、初回のオーバーステイであることと、密入国や偽パスポートなど不正な手段により入国したのではなく、正規の手段で入国 (=上陸)していることが条件。それ以外の 場合は、従来どおり退去強制処分が適用される。 現在オーバーステイ状態にある約半数が、この出国命令制度の対象になりうるとされてい る。しかし、結婚などにより日本人や在留資格のある外国人と家族的な関係が深い場合など、人権や人道面で配慮されるケース以外では、禁止期間が終了しても再入国を果たせるのはごくまれであるし、このような運用が変更される要因は見当たらない。