> トップページ> 読み物~連載記事> ジローの用語解説> さ行> 再審・再審情願 

再審・再審情願
(さいしん・さいしんじょうがん)

いったん違反審査が終了した後に、在留特別許可を狙って再度違反審査を求めること。摘発され入国管理局に収容されてしまったケースでも、当初の違反審査で不本意ながら在留特別許可が認められず、再挑戦することがある。このように、退去強制令状が交付されてしまったあと再度審査を求めることを、再審、または最新情願と呼ぶ。法令上はこのような再審手続きの規定はなく、一般的には、収容直後の審査よりも在特を得ることは難しくなる傾向があるといえる。しかし、少ない可能性でも追求しなければならないケースや、「遅れていた婚姻手続きの完了」など、新たな状況が生まれた場合には考慮に入れたい。また、過去に帰国目的で自ら出頭し、違反審査を受けたものの、その後、予定を変更し帰国しなかった外国人が、その後日本人などと結婚し在特を求める場合も、令状がすでに交付されているので再審扱いとなる。