子どもには父親の姓を名乗らせたいのだけど

これから結婚を考えているのですが、私の姓は変わらないと聞きました。本当でしょうか? だとすると、将来生まれてくる子どもは、お父さんの姓を名乗ることはできないのでしょうか? とりあえず、日本の姓と相手国の姓と、両方使えればいちばんよいのですが…。

国際結婚は原則別姓です。そして、その子どもは日本の登録上、日本人側の姓となります。しかし、外国人パートナーの姓を名乗りたい場合、婚姻から6カ月以内に役所に届け出れば、パートナーと同一の姓にすることもできます。6カ月が過ぎてしまったとき、また、パートナーと完全に同一でない姓に変えたい場合は、家庭裁判所の許可が必要になります。子どもが生まれる段階でもう一度考え、姓を変更することも、家裁に申し立てれば可能です。子どものパスポートの姓を自国側の親の姓にせざるを得ない国もあるので、そことの整合性を重んじる場合は、両親の姓を一致させる必要も出てくるかもしれません。また、韓国や中国のようにもとも別姓の国の場合、姓を変更すると相手の文化と矛盾することになりますが、それさえ気にしなければ、日本人側の姓の変更は可能です。ラテン諸国のように父母の姓を重ねる「複合姓」では、配偶者の姓はパートナーと完全に同一にはなりません。厳密にこの習慣にのっとるにも、家裁の許可が必要となります。 この場合は「名+自分の姓+相手の姓」となりますが、日本人の姓とパートナーの姓の双方が残るため、国際結婚であることが一目でわかり、便利とも言えます。相手国でこの複合姓が許される場合は、家裁でも認められた事例が報告されています。これまでも海外を生活拠点にしている場合は、かなりの範囲で認められており、日本を生活地にする場合でも、許可されている事例があります。


更新日:2008-07-11