フィリピン人の妻との離婚はしかたがないが、息子は引き取って育てたい

フィリピン人の妻が、子どもを連れてフィリピンに帰ってしまいました。もう、離婚するのはしかたがないかな、とは思っているのですが、息子は私の息子ですし、なんとかこちらで引き取り、育てたいのです。どうしたらいいでしょうか?

息子さんが奥さんと一緒にいて、しかもそれがフィリピンということになると、裁判など法律的手段で息子さんを取り戻すのはたいへん難しく、はっきり言って現状は不利。フィリピンの人にきくと、学齢前の子どもは母親が引き取るものという考え方も強いようです。日本においてもそういう側面はありますし、さらに日本の場合、決定的になるのが子どもを現在扶養しているのは誰か、ということ。今、奥さんと一緒にいるということは、奥さんが子どもを扶養している実績を示し、家庭裁判所などでも大きなポイントとなります。また、正式に離婚するには、日本とフィリピンの両方で離婚を成立させなければなりません。特にカトリック教徒の多いフィリピンでは、離婚には厳しい制限があります。そこで、まず日本の裁判所で調停の結果や判決のかたちで、離婚を決めてから、フィリピンで手続きをするという方法があります。日本の裁判所での調停書か判決文、それに翻訳文をつけてフィリピン大使館に行き、正式な文書であることを認める印章をもらいます。フィリピンで裁判所の承認をもらってから市役所に届けて、ようやく離婚が完了します。文面では、息子さんの国籍がはっきりしません。もし、生まれたときに大使館でフィリピン国籍を取る手続きをしておらず、日本国籍しか持っていないとすると、このままフィリピン国内にいることで、オーバーステイになってしまう可能性もあります。フィリピン国籍を取るならば、日本側の資料も必要。彼女にとっても、あなたか他の日本人の協力が欲しいところです。あなただけでなく、奥さんや息子さんの気持ちや今後も考えて、説得のための材料を念頭に置きながら、早めに彼女たちと会うようにしましょう。少なくとも話し合えるだけの関係性を取り戻すことが第一です。


更新日:2008-07-11